ブログカテゴリ:比較



22日 7月 2017
おはようございます。使い終わった、水出し緑茶「あさがお」のティーバッグで手の甲でトントンたたいて見ました。
24日 5月 2017
おはようございます。せっかくなので店にある抹茶用の貴人点(きにんだて)と比べてみました。  大きな違いは「高さ」です。 煎茶の方がスッと、高いです。  お茶を飲む場面の違いが高さの違いになったのでしょうね。  では、どちらが最初にこの形を考えたのでしょうか? それとも、同時期でしょうか?  縦社会の相手を敬う日本人の文化が生み出したのか?...
23日 5月 2017
おはようございます。これ何か分かりますか?  昔?偉い方に出す時の台とお茶碗と蓋です。きにんだて(貴人点)。  昔の時代劇には使われていました。 この品物はお客様が骨董屋で見つけて「おたくにピッタリだから。」と、遠くからわざわざ持ってきて下さいました。 茶道具の貴人点の台はいまでもお点前であるので当店でも売っています。...
21日 2月 2017
おはようございます。昨日は晴れて、曇って、風が吹き荒れて、ドシャブリの雨。目まぐるしいお天気の1日でした。そして、今朝は晴れ。寒いと言いながらも街は日に日に春めいて来ました。   さて、数回に分けて京都の試験場の方のお話しをブログしていきます。  上手く伝わるかな~。(^_^;)...
20日 1月 2017
おはようございます。今日は久しぶりの大作ブログです。40g3000円(雲鶴うんかく)と40g800円(青嵐あおあらし)の抹茶を比べて見ました。  先入観?雲鶴で抹茶を立てるとさぁ~と泡がたちました。さすが、3000円の抹茶だと思いましたが、缶の封を開けたばかりだからかしら。で、比べてみました。  
27日 9月 2014
国産茶筅(ちゃせん) 百本立 3414円 百弐拾本立 3465円・柳穂園
26日 9月 2014
国産と外国産の比較から・・ 国産・・数穂 2,680円 外国・・数穂 1580円 <経験者には国産をすすめます。> 国産の穂先のしなやかさがキメ手です。外国産の穂先の硬さが毎回小さなストレスを感じます。 <初めて家で抹茶を立てる方> まずは家で気軽に抹茶を立てる。手ごろな外国産をすすめるかな。...
26日 9月 2014
このブログでは、写真を横に並べる事が出来ないので、縦にしました。
25日 9月 2014
上の写真は違いその1にアップしたクルンクルンにカールしていた外国産の茶筅(ちゃせん)を使った後の状態です。 横の写真は国産の茶筅です。左の白いのが今回使った茶筅。 右の茶色いのが前から使っていた茶筅です。 :外国のはあんなにクルクルしていたのにお湯を通すと形がだらしなくなりました。...
24日 9月 2014
おはよんございます。今日は水曜日です。 起業家斎藤さんのリクエスト。私も気になる茶筅の違いのブログの続きです。 新しい茶筅をお茶碗にお湯を入れてシャカシャカしました。 国産・・これから立てるお茶にワクワクさせるぷ~んと甘い、竹の香    りがしました。...

さらに表示する